大管長メッセージ(2020/05/07)

    [日本語訳]
    愛する友人の皆さん
    ここ数ヶ月,新型コロナウイルスのパンデミックで世界は前例のない試練を経験していますが,多くの信仰,勇気,キリストのような愛の模範を目にし驚嘆しています。
    救い主のような奉仕と愛に感謝します。
    政府,医療,市民のリーダーが安全のために,助けと指示を与えてくれることに感謝しています。
    私達は祈りをもって引き続き細心の注意を払います。
    皆さんの安全と健康が何より大切です。
    注意を払いながら日常の生活に戻れるよう,教会指導者は情報に目を光らし続け,各地の集会所や神殿に再び 安全に集うための適切な時期を見定めます。
    神殿で儀式を行う必要性を理解しています。
    神殿の儀式は永遠に影響を及ぼすものです。
    活動を含む教会関連の集会の再開時期や場所については,着実に情報提供していきます。
    宣教師の伝道の再調整も現在行われています。
    このような中にあっても主イエス・キリストの平安に喜びを感じます。
    常に私達を希望と喜びで満たしてくれます。
    天の御父と御子は私達を愛し,私達を御存じで,祝福してくださいます。
    兄弟姉妹の皆さんを愛しています。
    すばらしい未来が待ち受けていることを約束します。
    主に従おうとする私達の決意は永遠に続くものです。